突然ですがパソコン自作のお話

5月についついオークションでデュアルコアCPUを落札してしまってからというもの、
時々秋葉原に行っては余計な物を買うを繰り返していたのですが、

ツクモeX.が開店6周年記念セールをやっているというので
どんな物が有るのかなと見ているとその中に
スカイテックのSKC-21P400W(ホワイト)というPCケースが5480円!(1日5個限定)
400W電源が付いていて、デザインもなかなか良いけれど、
通常7000円以上するのでやめていたのですが・・・

そういえば、PentiumDとCore2Duoの両方に対応してて7000円切ってるマザーボードがあったなあ。

一時期メモリが値上がりしてたけど最近はどんなものだろう?と
AKIBA PC Hotline!
で調べてみると、昨日の調べでPC2-4200の512MBの最安値は5360円でツクモらしい。

・・・とりあえず行ってみよう。

画像


他の店のPCパーツの値段とかを確認しつつ、
最近はついついおもちゃのセール品とか探す癖が付いてしまったので
ツクモeX.に着いたのは夕方6時ぐらいになってしまったのですが、
階段を5Fまで上ってSKC-21P400W(ホワイト)の特価品があるかを聞いてみると有るとの事。
この時間まで残ってるということは慌てなくても売り切れる心配は無さそうなので、他のパーツを先に買うことにしました。
だってケースは重いんだもん。

7000円以下でCore2Duo対応のマザーボードは何店か見つけることが出来ましたが、
「安かろう好きな貴方なら」とか書いてあったTWO TOPで購入。
そうとも、この店でつい安いからとCPU買ったせいでこんなに苦労したんだ。
P4M890T-Mというこのマザーボード。初夏にはこの辺の値段だとビデオカード用スロットがPCI-ExpressX16じゃなくてAGPだったのだが、これはちゃんとPCI-ExpressX16。
とりあえずはビデオ機能を搭載しているし、ハードディスクはIDEとSATA両方使えるので、最初は余ったIDEのハードディスクでいいな。
後はメモリとケースを買えばPCを組んで動かせるはず。(上手くいけば)

秋葉原で最安値という噂の5360円のノーブランドメモリはツクモeX.にあったのですが、
同じ売り場で今日の特売品のD2U533BK-S512Mというメモリが5980円。
620円しか違わないならノーブランドじゃなくていいか。ということでそっちを2つ買う。

最後にもう一度階段を5Fまで上がってSKC-21P400W(ホワイト)を購入。
お金も払い終わったその時っ、店員さんの口からが信じられない一言がっ!
「Core2でビデオカードとか使うとこのケースだと電源が足りないかもしれませんので」

・・・僕のCPUはCore2より消費電力高いと噂のPentiumDなんですけど。

世の中には250WしかないのにPentiumD対応してるベアボーンがあるから400Wもあれば余裕だろうと思ってたのですが、12Vが何A出せるかが重要で最近の電源は12Vが2系統あるんだけど、SKC-21P400Wは1系統しか無いんだそうです。
他に消費電力の高いボードとかを刺さなければまず大丈夫ということで、
グラフィックボード買って電源が足りなくなったりする前に良いことを教えてもらえましたが・・・

どうせなら会計の前に教えてよっ!!


さて、ツクモeX.では開店6周年記念セールの一環として、
入り口でレシートを渡してサイコロを2個振って
6ゾロが出たらレシートの金額の30%分のポイント還元を実施中らしい。
メモリとケースが別々のフロアだったもんで2枚のレシートがあった為2D6を2回振る。
1回目 6と・・・3 残念
2回目 6ゾロッ! クリティカル!!
ヤッター!!と思いきや、安いほうの5480円のレシートの分だったのがちょっと残念。

更に店員は

ここでやめても良いですが、
さらに還元率アップのチャンスを狙い、6枚のカードから1枚引くと・・・、
最高100%ポイント還元
6枚のカードの内訳:「100%還元」・「50%還元」がそれぞれ1枚ずつ
「0%還元」(ハズレ)が4枚

とか薦めてきますが、よく考えると3分の2がハズレな訳で明らかにこちらの分が悪い。
私は1/32の確立の6ゾロを出す(一部のRPGのクリティカル)のは結構得意なのだが、
1/3の確立のカードを引く(MTGの土地)はとても苦手なのだ。

という訳で迷うことなく安全策を選び辞退する。

さて、PCケースの箱は結構デカくて重くて電車で持って帰るのは結構しんどいのだが、
秋葉達人シリーズのメイドのシルエットと
ご主人さまこの筐体はいかがですか
という文字がデカデカと書いて有る箱を持って電車に乗るというのは
何かの罰ゲームですか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック